2009-05

ワイヤークラフト Ⅱ

ひさびさのワイヤークラフト教室。
今回の製作は先生をお招きしての黒猫作り。

受講生は8人、皆さん器用な方ばかりで
2時間で仕上げる予定のところを30分も早く
終わり、ゆったりと楽しくティータイム時間も取れた。

ただし最終工程での猫の形作りが難しく、
先生の魔法の手にかかりあっという間に黒猫に。

この方は園芸にも通じていて、自宅の庭は
前橋のバラ園にも負けないほどのようである。

朝方の出かけにちゃちゃっと作ってきていただいた
寄せ植え2つ。その横に小さな靴のワイヤークラフト。






画像 664

画像 667

家の模型

画像 658
大学生が作った家の模型。素晴らしい出来上がりの
作品に思わずシャッターを押した。

私も家を建てる際に、自分で設計図を見ながら模型を作った。
7年近く前になるがとても楽しいひと時だった。

幼い頃に戦車の模型を作って以来のことだったが、
思ったよりも時間がかかった。そして材料の調達にも苦労した。

作って感じたことは、家の構造が素人ながら理解できたこと。
特に、どのような力学で柱が支えあっているのかが分かった。

2次元(平面図)を3次元(立体図) にしてみることで、
居心地や家全体のバランスも想像できるようになる。
この大学生にとっても模型作りはとても大切なことであろう。

これを作った大学生に「やっぱり、1級建築士を目指して
いるの?」と問いかけたら意外な答えが返ってきた。

「私は木造の家を作りたいので、特に1級をという訳ではないです。」

なるほど、1級というと2級よりレベルが上というイメージが
あるが、建築士はそういう基準ではないそうである。

500㎡をこえる建物について設計管理できるのが
1級建築士であって、一般住宅については2級建築士
でもno problemとのこと。

まあどちらでも私には取得できないが。いや待てよ、
私は資格をほとんど持っていない。普通免許と英検4級だけである。

調味料コーラ

画像 656
夕飯のおかずは豚肉のコーラ煮。
アスパラガスとにんじんを炒め,添える。
その横にポテトサラダ。簡単質素な料理。

作り方も簡単。生姜とにんにくで豚肉を軽く焦がし、
ドボドボとコーラを入れて醤油を少々、あとは1時間
余り煮るだけ。炭酸の効果で柔らかい焼き豚になる。

四角いお皿はとても重宝する。
栗原はるみさんのワンプレートランチではないけれど、
少し大きなものを使えば、ご飯も盛り付けできる。

丸いお皿に比べて洗いづらいが慣れてしまえば
問題ないし、後片付けが何しろ楽である。

それにしてもコーラを料理の調味料として使うことを
発想した人は素晴らしい。頭が柔らかい。
ところでこの料理は市民権を得ているのだろうか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター