2009-07

in-kyoの空間

画像 684
東京の蔵前にある雑貨店in-kyoに行って来た。
まさに隠れ家のような隅田川沿いの静かな場所にポツンと。

店頭には可愛らしい赤い風鈴と小さな椅子。
中に入るとここのオーナー執筆の雑貨本がすっきりと。

奥にはお洒落なターバンのようなものをかぶった美しい女性。
その前には今はやりの黒いゴム長靴が2足すらっと。

江戸時代ならばご隠居と呼ばれる年回りになった、
私のようなおじさんを受け入れることのない不思議な空間。
でもロールアップしたジーンズをはいたカップルはin-kyoでまったりと。

そういえばもうすぐ隅田川の花火大会である。

木製のコーヒー・ミル

画像 682
敬愛する方よりコーヒー・グラインダーを譲り受けた。
コーヒーの本場イタリア製のもの。

1972年にフィレンツェにて購入し37年もの間、
毎日使用してきた愛着のある逸品を譲り受ける。
なんとも味わい深い色艶が年輪を感じさせてくれる。

さっそくイタリア豆のラヴァッツァを挽いてみる。
挽き終わりがすっきりし軽やかである。

心なしか今までのコーヒーよりおいしく感じる。
物理的に考えると豆を挽く際に、手動であろうと電動で
あろうと味が変わるはずがないのだが。

豆を挽き、一杯のコーヒーを入れる、至福の時間。
手を入れ、直しながら数十年先まで。これが真の贅沢だろうか。

有終のグラブ

画像 675
娘の所属するソフトボール部の試合風景。
意外にも観客席付きのちゃんとした球場。

相手は群馬県内で現在最も強い私立校で、
娘にとってたぶん最後のソフトボール公式試合。

本人は「ソフトボールは好きじゃない。」と言いながら、
ほとんど休まずに続けた。

愛用の赤いグローブはスポーツ店の人に「そろそろ替えたほうが。」
と言われながら修理して、5年もの間使い続けた。

この試合はかみさんが見に行ったのだが、試合結果の詳細は
わからない。何対0で負けたのか不明。

娘はさばさばとした表情で帰宅。
「今日は曇り空で、あまり日焼けしなくてよかった。」と一言。
画像 677

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター