2009-10

ロックンロールの自殺者

加藤和彦の自殺には一人の人間の死以上の何かを感じる。

フォーク・クルセダースそしてサディスティック・ミカ・バンド、
よく聴いたのはその後のソロ活動の頃。

彼は私が唯一サインをもらった有名人である。
「ベル・エキセンドリック」というアルバムにサインしてもらった。

このアルバムが出た当時、目白の学習院下に住んでいたが、
その近くにテニスコートがあり、そこに彼は来ていた。

このアルバムはヨーロッパの香りが漂いとても聴き心地がいい。
サイン入りのアルバム、何故か紛失してしまいとても残念。

いつも時代の一歩も二歩も先に行っていた彼にとって、
木村カエラを迎えても、やはりサディスティック・ミカ・
バンドは過去の遺物と感じたのだろう。

彼の死で大好きな曲を思い出した。デヴィッド・ボウイの
ロックンロールの自殺者

「あなたはそれを失うには年老いすぎ、それを選ぶには若すぎる。」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター