2009-12

見えない争奪戦

画像 732
きのうの朝日新聞を読んでいたら、GLOBEという紙面に
ポスターのような記事が載っていた。

デザインも構成も目を引いたので、内容を吟味すると
世の中がすさまじい勢いで激変していることを痛感。

1.「今夏初めてドイツ船が北極圏を通り抜けた。」
2.「この冬はトマト鍋が流行りである。」
3.「牛丼並盛り1杯には約2tの水が必要である。」

さて、1~3は読む人によっては「あっ、そう。」で終わる。
この事変は常識が常識でなくなりつつあるのかもしれない。

従来の常識で考えると、
1.北極圏は氷で覆われた海なので、船では通り抜けできない。
2.トマトの収穫は6月から8月位なので、冬には大量には出回らない
3.牛丼1杯は使っても500cc位である。

今後の常識は
1.十数年後には夏季に北極海から氷がなくなる。
2.遺伝子組み換えか品種改良かわからないものが出回る。
3.生産物にはかなりの量の水が必要で、その水は不足している。

この背景には
1.温暖化の影響で氷が融け、資源が眠る北極圏の争奪戦
2.遺伝子組み換えも含め、食糧の争奪戦
3.深刻な水不足による水の争奪戦

普段の生活の中では想像しづらいが、実は直結していることでもある。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター