2010-01

風向計

画像 743
2009年という年は明らかに風向きが変わった年である。
人々の価値観の変遷が政権交代を促したのである。

このことを消費経済で考えてみるとはっきりと見えてくる。

ユニクロには朝6時から人がごった返し、レジ待ちに
なんと2時間。さすがディズニー好き日本人。

一方では閑散とした百貨店の売り場。まさに今の自由民主党。
何でもあるのは、何もないのと同じこと。

この風景はいったい何を現すのか。
あれもこれもの時代が終わり、あれかこれかの選択の時代である。

まさに蓮舫議員の事業仕分けの時代であるが、結果として
民主党でいいのかユニクロがいいのか、皆疑問符でもある。

日本人はとても風に敏感な民族である。
風がまえの漢字も凪、凧、嵐などすべて日本製の漢字である。

そのせいか風向計が逆に振れると大多数がそちらに流される。
鬼畜米英があっというまに、ギブミーチョコレートである。

この数年間はいろんな方向からの風が絶えない。
経済においては嵐もそして突風もありうる。
でも日々の暮らしは穏やかな凪の中でまったりしたい。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター