2010-09

一枚のスナップ

画像 840
朝日新聞に掲載された1枚のモノクロ写真に写っている二人は
どういう関係か、またどんな場面でのスナップなのだろうか。

両手で髪を押さえているのはカルメン・マキ。
隣でうつむいている男性が寺山修司。

「時には母のない子のように だまって海を見つめていたい。・・・」
私が小学生の頃、脳内ループにはまっていた歌。

このカルメン・マキの歌の作詞が寺山修司だったとは。
今日はじめて知ったが、なるほどとも思った。

日本が高度経済成長に入り、今日よりも明日が明るいと
信じていた時代に、孤独と不機嫌を演出していた彼女。

この時代の陰を、この時代の負を演出した寺山修司。

このスナップ写真は、この歌の100万枚突破記念の
パーティーの際に撮られたようである。

お祝いの席でのこの表情ははたして素顔なのか演出なのか。
一枚の写真が語りかけるものは筆舌しがたいものである。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター