2011-04

しだれ桜

IMG_1910.jpg
春を待ち侘びたかのように一気に桜が満開に。
我が家近くのしだれ桜は容姿端麗。

根元には仲良く双体道祖神が微笑んでいる。
ようやく普段が、日常が戻りつつある。

3月11日以降のことが何もなかったように
空は青く澄み、心地よい風が吹いている。

美しい桜を見ながら、ふと深呼吸をしてみた。

臆病なほどの恐怖

恐怖とはいったい何だろうか?
大震災以降一ヶ月を経過しても恐怖が続く。
もちろん人によって感じ方が違うだろうが。

最初の長い長い本震の際は、左手にやかん
右手は壁に、そして足はふたの開いた灯油缶を押さえる。

冷静なようでパニクっていた。
「すくむ」という言葉がピッタリかもしれない。

以来、余震のたびに恐怖がこみ上げてくる。
特にTVでの強い地震への事前警戒音がとても怖い。

この不安定な音が不安を増大させてくれる。
そして不発の時はほっとしながら腹が立つ。

もっと恐怖なものは見えない放射能。
本震翌日には関東からの脱出をも考えていた。

恐怖を感じる際にはコルチゾルとアドレナリンが
分泌され意識は冴え、筋肉は緊張し、目ん玉がちょっと出るとも。

そういえば二週間くらい前にスパゲッティーを食べてジンマシンが
出た時、まぶたが腫れたうえに目ん玉はひどく充血していた。

それに比べてかみさんは平然としている。
そうだ、私はジェットコースターも苦手だった。
この年になって自分の臆病さを理解した今日この頃。

遅い梅春(うめはる)

IMG_1891.jpg
白い梅の花が北風に吹かれながら、ようやく満開に。
とても長く寒い冬が終わろうとしている。

空は青く、雲は白い。
当たり前のことだがなぜか心洗われる気がする。

かといって、いつもの春とは心持ちが違う。
日常が戻りつつあるので、そう思いたいのか。

元の日常生活が「いい一日」と考えるなら
その日常に戻ってもいいのだろうか。

それでも春の暖かさを待ちこがれる。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター