2012-07

ALISON

毎年恒例の話題は苗場で開催のフジロックフェスティバル。
今年の大物アーティストはエルビス・コステロ。

30年以上前になるがロンドンではパンクムーブメント中で
セックス・ピストルズやザ・ジャムなどが幅をきかせていた時代。

コステロ音楽はパンク範疇としては異彩を放っていた。
独特なアップテンポの曲が印象に残るミュージシャンである。
IMG_2392.jpg

ただしパンクと言う範疇に入らないバラード曲もある。
「She」と「Alison」。前者は日本でも知られているが後者は、、、。

でもこの曲が素晴らしい。コステロの作品だがHOLLY COLE
EVERYTHING BUT THE GIRLも歌っている。

ちなみにロンドン五輪の開会式への期待はミュージシャンが誰で何を歌うか!
結果はポールで「HEY JUDE」。もしもジョンが生きていたなら
「ACROSS THE UNIVERSE」だったろう。

グラッパ

IMG_2391.jpg
幼い頃より注射の際のアルコール消毒でさえ
真っ赤になった私は当然のことながら下戸。

しかしながらアルコール瓶好きである。
という訳でとてもお洒落なグラッパを戴いた。

グラッパはイタリア製のブランデー
のようなものらしいが度数はなんと40度。

養命酒一口でも真っ赤になるくらいの安上がり
の人間にはとても贅沢な1本である。

イタリア人は酒を浴びるように飲んだ最後に
グラッパをキューっと飲むらしい。

そうすることで悪酔いを防いでくれて
しかも肝臓にも負担をかけない蒸留酒とのこと。

さあ、この暑い夏、寝る前にキューっと飲んで
眠りにつこうか。いや倒れ込むかもしれない。

付加すると、外箱もまた素敵な缶で開けると
とてもいい香りがした。きっとこのお酒も
いい香りがするに違いない。

エスプレッソコーヒーもそうだがイタリア人は
香りを楽しむ民族でもある。ほんとお洒落!

オストリッチ症候群

あの大震災以来、今夜初めて再稼動させた大飯原発。
原発についてはどうも思考が停止しがち。

特に放射線については思考停止になりがち。
これをオストリッチ症候群というらしい。

駝鳥は身の危険にさらされると頭を砂にうずめて
周囲を見ないようにしてしまうところからきている。

なにせつい昨日は福島第一原発4号機の使用済核燃料
プールでまた冷却装置が停止して温度が上昇している。

今日になり動き出したようだが、万一空焚き状態に
なったら、、、臨界?これ以上はオストリッチ。

それでも大飯原発は稼動する。日本を冷やすために。
GDPのために。未だ危機はそこにあるにもかかわらず。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター