2013-03

アンティーク家具

IMG_2572.jpg
友人から古い家具を譲り受ける。
大きな民家を解体するというので出かけ
民家の奥の奥にあった箪笥。

埃まみれになりながらなんとか引っ張りだした。
どす黒い色だったのでまず表面の砂を落とす。

水洗いを3回した後に米ぬか石けんで
ごしごし洗う事、延べ6時間。
ようやく箪笥らしい色つやになった。

そして、ひっくり返して底を拭いてみたら
なんと天保の文字が浮き出る。

天保とはもちろん江戸時代で今から180年前。
思わず真剣に磨きをかける。

素材は桐のようなそうでないような。
二世紀の時を超えて味わい豊かな家具に蘇る。

天保の大飢饉から平成の大不況の世に再び。
これぞまさにアンティーク家具。

チェレステグリーン

IMG_2564.jpg
イタリア総選挙の結果からまたもや
ユーロの財政危機が再燃しているらしい。

ギリシャそしてイタリア・スペインなどの
ラテンの国はお財布の紐がすぐに緩んでしまう。

地中海に面した美しい風景、おいしい食べ物
世界一過ごしやすい気候。

古代ギリシャの時代には労働は奴隷がおこない
80歳近い寿命を保ったといわれている。

「神様、これではイタリア(地中海)ばかりが
 恵まれ過ぎていませんでしょうか?」

すると神様が答える。
「心配するな。そこにイタリア人を入れておいた。」

そんな国イタリアのバイク・bianchiを
申し訳ないほどの価格にて譲り受ける。
ただただ眺めているだけで幸せな気分。

チェレステグリーンはイタリアの青空をイメージ。
まさに「自転車のある美しい暮らし」を手に入れる。

このデザインは日本ではできない。
走りも抜群、しかも片手で持てるほどの軽量で
最近太りだしたうちのワンコより軽いかも。

このバイクを見る限りイタリアの底力はすごい。
国がデフォルトしてもイタリア人には倉庫に
たくさんのおいしいワインがある。
なにせ国家になったのはつい1世紀半前である。

その点、日本はかなり心配でもあるが、、、。





徒然草decade

IMG_2552.jpg
暦の上では啓蟄だそうで、冬ごもりをしていた
生き物がうごめきだす時期のようである。

庭の枯れ草の中にもようやく春が訪れる。
たぶん福寿草だと思われるが、、、。

毎年2月の下旬には咲いているが
今年はやはり寒さのせいか遅い。

この冬わかったことがある。
低気圧が近づくにつれて体調がどことなく悪くなる。

人間の人生なんてそう永いものではない。
かといって今日を生きるための食事は取らざるを得ない。
いやおいしものを食べるとこは大好きである。

さて暮らすとはどういうことなのか?
その暮らし方が外見にあらわれるのか?
個性そして生き方は身につけるものににあらわれるのか?

まもなくこの地で暮らしはじめて10年を迎える。
IMG_2550.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター