2015-05

続・パン屋さん巡りⅣ

IMG_3555.jpg
パンを尋ねて三千里。
埼玉県の朝霞市に出没してみた。

食パン通には知らない人がいない
と言われるアサカベーカリー。

一度食べたら忘れられない味で
甘くてフカフカの食パン。

素材がどうのこうのではなく
とにかくおいしい。

店頭には昔懐かしいパンばかり
が並び、選ぶのに迷ってしまう。

このパン屋さんに足を運ぶと
童心を思い出させてくれる。
IMG_3552.jpg

続・パン屋さん巡りⅢ

IMG_3551.jpg
代々木上原にあるパン屋さんに出かける。
なぜか代々木周辺にはパン屋さんが多い。

カタネベーカリーで数種類のパンを購入。
いちばん気に入ったのはバゲット。

フランスパンは粉・水・塩のシンプル
な素材なだけに作る人の哲学がでる。

表面にバターが塗ってあるので
そのまま食べるのがおいしい。

あごが痛くなるほど噛みながら
食べた。というかそうさせられた。

パンは作り手の哲学がそのまま出る。
味と形にそのまま出る。
IMG_3553.jpg

陰影礼賛

IMG_3539.jpg
昼食を、と思い近くの山里にでかける。
新緑に囲まれた古民家cafe「こまつや」

奈良県からこの地に移住して来たと
いうご夫妻。

「なぜここに?」と聞きたかったが
たぶん風景か風情か。

メニューにはない薬膳カレーを
いただく。おいしい!!

とても落ち着く空間が広がる。
古い調度品や奥様手作りの小物。

静かに流れているのは
イーグルスの「ならず者」

入り口は土間になっていて
薪ストーブが置かれている。

この暗さがとても心地いい。
IMG_3541.jpg

自在鉤

IMG_3538.jpg
考えに考えた末に自在鉤を買う。
近くの骨董屋さんに何度も通った末に。

布で乾拭きをして磨いてみると
この道具のできの素晴らしさに驚く。

そしてこの魚の表情がとてもいい。
木を彫る職人の様子が垣間見える。

さて囲炉裏の上の魚はなんのため?

魚は水を表すので火事除けの
お守りとして飾るようである。

いつの日か囲炉裏こたつを手に
入れるまで店頭に飾っておこう。

久々にいい買い物ができた。

Pietraのフランスパン

IMG_3535.jpg
Pietraオーナーお勧めのフランスパンを昼食に。
小麦粉と塩と酵母そして粉、いたってシンプル。

焼いて三日目だがバケットにしては柔らかく、
モチモチ感があり、切れ味もよい。

酵母は何を使用しているのかわからないが
酸味もほのかに食べやすい。
IMG_3537.jpg
生ハムにレタスそしてオリーブオイルを
かけてもいけるし、チーズでもいける。

毎日食べても飽きないパンを探す旅を
している人にはお勧めのパン屋さん。

行き先が楽しみなパン屋さんに出会う。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター