2017-11

パンは文化Ⅵ

DSC09055.jpg
車で15分くらいのところに
新しくパン屋さんがオープン。

我が家の好みのハード系の
パンが豊富だと聞き駆けつける。

さしたる看板もなくたどり着く
のに大変なのがまたいい。

小麦粉8:ライ麦粉1:全粒粉1
酵母はルヴァン種らしい。

ズシッとしていて食べごたえがあり
オリーブオイルとチーズに合う感じ。

車でいうとVWのPOLOかUPに近い
感じか、食べやすく飽きがこない。

こういったハード系のパンは一般的な
日本人にはまだまだ受け入れがたい。

トヨタのプリウスや日産のノートを
愛用している多数派にはキツい。

そういう意味では看板など必要ない。
わかってくれる人だけでいいのである。

ちなみにこのパン、もう少し薄く切れば
1cmくらいにすれば良かった。


● COMMENT ●

ご利用 ありがとうございました。

昨日は ご利用ありがとうございました。
パンは文化 を読みたいが為に、昨晩から 何度も、 何度も ブログにお邪魔しておりました。「いつか、いつか。」と、自分で唱えながら、納得の出来るぱんを焼ける様になりたいと思っています。また、色々 ぱんの文化、お教えください。

Re: ご利用 ありがとうございました。

とんでもない。私がお教えできることはございません。
ただ、文化のない地域にこの手のパンを根付かせることは
かなりの労力と忍耐が必要だと思われます。
クロワッサンを作るのにどのくらいのバターと手間がか
かるのかを人はなかなか理解してくれません。
車はパン以上に文化力で差が出ます。ドイツ車とフランス車
は全然違います。もちろん日本車も、、、。
欧州は奥が深いですね。
ピカソ曰く「明日描く絵が一番素晴らしい。」
次食べるパン楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

十年一日 «  | BLOG TOP |  » 丸い眼鏡の境地

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター