2017-06

自由

DSC09069.jpg
今からちょうど30年前の1987年6月6日。
当時の西ベルリンでそのコンサートは開かれた。

ブランデンブルク門の横の会場に立ったのは
もちろん今は亡きDavid Bowie。

歌った歌はもちろん「Heroes」
スピーカーの4分の1を東ベルリンに向けて。

I, I can remember (I remember)
Standing, by the wall (by the wall)

And the guns shot above our heads
And we kissed, as though nothing could fall

And the shame was on the other side
Oh we can beat them, for ever and ever

Then we could be Heroes, just for one day

ベルリンの壁が崩壊する約2年前の出来事。
Bowieはあまり政治的なパフォーマンスは
好きではないはずにもかかわらず。

それを聴いた東ドイツの若者は叫ぶ。
「ここから出してくれ。」

昨年Bowieの死にドイツ外務省は
「Thank you Bowie.ベルリンの壁の崩壊に
力を貸してくれて。」とツイート。

自由の大切さを知るDavid Bowie。
最後のアルバム「Lazarus」で歌う。

I’ll be free
Ain’t that just like me.

翻って日本の自由度は?
はたして私は本当の意味で自由なのか?

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |  » 十年一日

プロフィール

AnnoDomini

Author:AnnoDomini

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター